ビットコインキャッシュとは?今後の将来性は?

ビットコインキャッシュ

ビットコインキャッシュは、ビットコインと違うの?

と思う方もいるかもしれません。

時価総額も高いビットコインキャッシュとは一体何なのでしょうか。

bitflyer

 

ビットコインキャッシュとは

ビットコインキャッシュとは、2017年8月1日に「ビットコイン」から派生した仮想通貨です。

つまり、ビットコインの取引量増加による内部問題が発生し、ビットコインマイナー(マイニングする人)による内部分裂で生み出された通貨です。

ビットコインとビットコインキャッシュの違い

ビットコインとビットコインキャッシュでは、「取引量」が大きく異なります。

ビットコインでは、取引を記録するためにブロックチェーンという台帳を使っており、その1つのブロックの取引量の上限は1MBでした。

ブロックは、10分間に1回更新されるので、10分間に1MBまでの取引しかできませんでした。

しかし、ビットコインキャッシュでは、その取引量が8MBにまで拡大されました。

これにより、ビットコインより取引速度を速め、セキュリティの向上を図ろうとしています。

しかし、実際はビットコインより処理速度は遅いものとなっています。

ビットコインキャッシュの今後の将来性

持っておいて損はないかと思われます。

ネットを見ると、「2017年はビットコイン、2018年は、ビットコインキャッシュの年」といわれています。

  • イギリスで「coinEX」というBCH(ビットコインキャッシュ)基軸の取引所が誕生したこと
  • BCH決済を採用する企業が増えていること
  • BCHのデビットカード(VISA)が発行されたこと

など、価格上昇のための好材料がたくさんあります。

ビットコインキャッシュの買い方

ビットコインキャッシュは、「ビットフライヤー」など国内取引所でも購入することができます。

bitflyer

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です