stellar(ステラ)とは?今後の将来性は?

2017年から2018年、年末年始で大暴騰したstellar(ステラ)!

stellarときけば、星とか惑星が想像できるのでなんだか夢がありそうな名前ですね!

そんなstellarとはどんな仮想通貨なのでしょうか?

stellar(ステラ)とは

ステラは、リップルを基に開発された仮想通貨です!

リップルと違うところは、

リップルを企業向けというなら、ステラは個人向けのもの

というところです。

開発当時は「stellar」という名称だったのですが、2015年のアップグレードに伴い、現在の正式名称は「Lumens(ルーメン)」で、通貨単位は「XLM」です。

ですが、今でも根強く「stellar」の愛称で呼ばれています。

stellarの特徴

発行枚数が年々増える

ステラは1000億XLM発行されたあと、1年ごとに1%ずつ総量が増えていく仕組みになっています。

また、ステラは開発チームが全体の5%しか保有していないので、ほとんどが市場に流通しています。

ステラは、これらのことにより、通貨の価格を安定させ、変動率を抑えています。

独自アルゴリズムのSCP

これは、リップルのアルゴリズムの弱点を改善したもので、ブロックチェーンの分岐の発生を抑えるものです。

リップルでは、承認者の80%以上の合意がないとブロックチェーンの分岐が発生するのに対し、ステラでは80%以下でも分岐が発生しないものになっています。

stellarの今後の将来性

今後も上昇の期待大!

ステラは、IMBや大手金融コンサルタントとの提携や企業での採用も増えています。

「リップルが上がれば、ステラも上がる」

という人もいるように、リップルの動きにも注意しながら、今後を期待したいところです。

stellarを買える取引所

ステラは、2018年1月現在、国内取引所で買うことはできません。

海外取引所の「Binance」で購入可能です。

※海外取引所を利用する際には、国内取引所からの送金が必要なので、あらかじめ「bitflyer」に登録しておきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です