今さら聞けない!ビットコインとは?わかりやすく解説!

ビットコイン

2017年は「仮想通貨元年」といわれるほど、仮想通貨の人気が急上昇しました!

その中でも最も有名な「ビットコイン」。

そんなビットコインについて簡単にわかりやすく説明します。

bitflyer

ビットコインとは

ビットコインとは、仮想通貨の1種で、

インターネット上で管理されるお金

のことです。

インターネット上で管理されているので、目には見えないお金ということです。

ビットコインの仕組み

ビットコインは、「ブロックチェーン」という技術により発明されました。

発明したのは、「ナカモトサトシ」という日本人です。

ブロックチェーンとは、その名の通り、

台帳に取引を記録し、それを1つのブロックとみなします。

そのブロックを取引があるごとにチェーンでつないでいき、前の記録と照合することで、データの改ざんや悪用を防ぎます。

また、ビットコインには、中央管理者がいません。ビットコインは、P2Pというネットワークにより利用する人全員によって管理されています。

ここで、欠かせないのがマイニング(採掘)

マイニングは、ビットコインを生み出すもので、マイナーと呼ばれる人達によって行われています。

このマイナーがいることによって、取引の安全・正当性がたもたれています。

ビットコインとお金の違い

では、ビットコインと私たちが普段使うお金は何が違うのでしょうか?

ビットコインが「仮想通貨」と呼ばれるのに対し、日常で使うお金は「法定通貨」と呼ばれています。

管理者の違い

先程も説明したように、ビットコインには、中央管理者がいません

一方、お金には、中央管理者がいます。その中央管理者とは、国や銀行のことです。

これが両者の1番の大きな違いといえます!

発行枚数の違い

もう1つの違いは、発行枚数に上限があるかないかです。

ビットコインは発行枚数に上限があり、最大2100万ビットコインとなっています。

一方、お金には上限がなく、中央管理者の裁量によりいくらでも増やすことか可能です。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインがインターネット上のお金ということで、電子マネーと一緒だと勘違いをしている方もいるようです。

ですが、ビットコインと電子マネーでは、

  • 価格が定まっているかいないか
  • 国境があるかないか
  • 他者に送金できるかできないか

など、たくさんの違いがあり、全くの別物といえます!

詳しくは知りたい方はこちらから。

ビットコインの特徴

送金の速さ・安さ

海外送金をしようとすると、手間と手数料が膨大にかかります。

しかし、ビットコインはインターネットに存在するお金なので、「迅速・格安(又は無料)」で送金が可能です。

また、操作も簡単です!

国境がない

ビットコインには国境がありません

円は日本でのみしか使えず、海外に行くその国の通貨に両替をする必要があります。

しかし、ビットコインにはそのような国境がなく、世界共通の通貨なのでどこの国でもそのまま使うことが可能です。

ビットコインの買い方

ビットコインは国内取引所でも海外取引所でも購入可能です。

その中でもオススメは「bitflyer」です。

bitflyerは、国内大手の一つであり、セキュリティの高く、使いやすいです。

bitflyer

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です