アメリカで仮想通貨の格付け発表!まさかの結果に!

米大手格付け機関である「Weiss Ratings社」が、1/24に初の仮想通貨のコインの格付けを行った。

仮想通貨格付けの目的

・各銘柄に対する根拠のない過大評価の見直し

・堅牢かつ公平なランキングを提供することによる投資家の保護

仮想通貨格付けの基準

・リスク関数 (様々な要因に基づくリスクレベル)

・収益指数  (収益性・取引量)

・テクノロジー指数  (各銘柄の技術の高さ)

・採択指数(普及度合いの高さや取引速度の速さなど)

仮想通貨格付けの評価法

A=excellent

=good

C=fair

D=weak

E=very weak

仮想通貨格付けの結果

A:なし

B:

ETH(イーサリアム)EOS

B-:

ADA(カルダノ)NEO、STEEM

C+:

DCR、DASH、GBYTE、BTS、BTC(ビットコイン)、ARK、XEMLTC(ライトコイン)、IOC

C:

ETC(イーサリアムクラシック)、DOGE、XCP、BCN、BURST、BLOCK、BLK、XAS、AEON、XRP(リップル)、XRB、QTUM、PIVX、PPC、NXT、NXS、NEBL、NAV、XMR、LSK(リスク)、KMD、XZC、XBY、WAVES、VTC、XVG、SYS、START、XLM(ステラ)、SMART、SHIFT

C-:

BCH(ビットコインキャッシュ)、CLOAK、DGB、XDN、ETN、FTC、NMC、RDD、SKY、UBQ、VIA、XWC、ZEN

D+:

AUR、BTG、GAME、NLG、MEC、ETP、PURA

D:

EXP、GUP、NVC、POT、QR、RISE、SLS

D-:

EMC2

まとめ

意外なことに、イーサリアムがビットコインより格付けが上でした!

全体的に見るとC評価が多く、A評価がなかったことが残念です。

そして、こんなにたくさんの種類の格付けがされている中、トロンは格付け対象に入っていませんでした。

今回の格付けは、初めての仮想通貨格付けということなので、今後の市場に影響がでてくるかもしれません!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です