【節税】仮想通貨の税金対策!脱税はバレる!

せっかく仮想通貨で利益がでたのに税金が高い!!

どうにか逃れられないの?

今回は、脱税・節税について解説します!

仮想通貨の脱税はバレる!

まずはじめに、、、

仮想通貨での脱税方法はない!!!

仮想通貨はインターネット上の通貨なので目には見えません。

つまり、「脱税しやすいの?」と思う方もいるかもしれません!

しかし、これは真逆!!

「仮想通貨は、法定通貨より脱税しにくい」

といえます。

その理由は、、、

仮想通貨の取引は取引データが残るから!

匿名通貨なら名前が公開されないので必ずバレるかはわかりませんが、、、

ビットコインなど取引データが公開されている通貨だと簡単にバレますね。

賢く節税しよう!

個人事業主(または法人)になる

個人事業主(または法人)なら、手数料など取引のために使った金額を「経費」としておとすこどができます。 

このとき、手間はかかるが控除額がおおい「青色申告」、手間がかからないが控除額が少ない「白色申告」があります。

また、損益通算により所得額を大きく減らすこともできます。

さらに、マイニングを法人としておこなえば、電気代、パソコン代も経費になります!

ふるさと納税

現金にはなりませんが、納税した額に応じて、地域の特産品や旅券などのお礼をもらうことができます。

少額投資なら、、20万利確

お小遣い稼ぎとして仮想通貨取引をしている方なら毎年20万円以下で利確するのが1番よいです!

これなら、確定申告をしなくてよいので、税金が発生しません。

Binance

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です