仮想通貨Verge(バージ)とは?今後は?

有望な草コインで調べるとよくでてくる仮想通貨Verge(バージ)!

なんと名前の意味は、、

フランス語で男性器!

なんかおもしろそうなコインですね(笑)

そんなVergeは1体どんな仮想通貨なのでしょうか?

Binance

 

Vergeとは

Verge(バージ)は、Dashやモネロなどと同じ匿名系通貨の1つで、ユーザーの完全な匿名性とプライバシーに焦点をおいています。

ビットコインなどの匿名系でない通貨は、取引情報がオープンなので個人情報を特定される危険性がありますが、匿名系通貨はその危険性が低いです。

他の匿名系通貨との違い

では、Vergeがダッシュやモネロなどの匿名系通貨と違う点は、

「完全な秘匿」

です。

Verge以外の匿名系通貨は、取引は公開されないのですが、ユーザーのIPアドレスは記録され、その記録をたどって個人を特定される可能性がありました。

Vergeでは、取引内容よりIPアドレスの保護に力をいれています。

Vergeの特徴

「レイス・プロトコル」と呼ばれる機能

この機能を使うことで、「オープンな取引」
をする「秘匿な取引」をするかを選択することができます。

きちんと送受信をした証明があるほうがよい取引等には「オープン」、

他人に見られたくないもの、見せる必要のないもの(普段の買い物)等の取引には「秘匿」

というように、取引ごとにタイプを選べます。

この機能が実用されると、他の匿名系通貨との差別化がより増されます。

即時送金、即時取引

Vergeの決済スピードは、とても速いといわれています。

ビットコインが「数十分以上」かかるとすると、Vergeでは「数秒~数分」でできるのです。

発行通貨数が多い

Vergeの総発行枚数は165億xvgです。

ビットコインは、2100万btcなので比べるまでもなく多いです!

Vergeの今後の将来性

Vergeは、爆発的な暴騰はあるかわかりませんが、今後も価格上昇すると思われます

Vergeは、実用性のある仮想通貨であり、開発が活発です!

もっと注目する点は、公式キャラクター「バージリスク君」まで作るなど、コミュニティが活発であることです。

コミュニティの活発さは、「人気」や「発展」に直結します!

長期的に見もるならオススメの仮想通貨かかもしれません。

Vergeの買い方

Vergeは、2018年1月現在、日本の取引所では扱っていません。

海外の取引所「Binance」で買うことができます。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です