FXとは?初心者でもわかるFXの基礎!

FXとは?

FXとは、「Foreign Exchange」の英略のことで、正式名称を「外国為替証拠金取引」といいます。

いきなり、「外国為替証拠金取引」という難しい言葉を言われても何のことかさっぱりですよね(笑)

例えば、株式投資(いわゆる株)は、株に投資します。また、不動産投資だと不動産に投資します。

では、FXは何に投資するのでしょうか?

答えは、外国のお金です!この外国のお金のことを「外国為替」といいます。

ちなみに「証拠金」とは、取引業者に預け入れる担保金のことです。

FXの正式名称「外国為替証拠金取引」は、この「外国為替取引」と「証拠金取引」が合わさった言葉なのです!

それでは、「外国為替取引」、「証拠金取引」についてそれぞれ詳しく見ていきましょう!

外国為替取引とは?

通貨交換

FXでは、円・ドルなどの通貨を交換・売買し、その価格変動による差額で利益を獲得します。

これだけでは、なんだか難しいですね、、、

そこで、海外旅行に例えてみます。これだととても理解しやすくなりますよ!

まず、あなたが日本からアメリカに行くとします。

💴  →💵

そこで欠かせないのが、「円」から「ドル」への両替!!

このような、2つの国のお金を両替することを「外国為替取引」といいます。

上の図のように、例えば、旅行に行った時の為替レートが「1ドル=100円」、帰る時の為替レートが「1ドル=105円」だとすると、行きと帰りで「5円の差」がでます。

この法則に乗っ取ると、まず10万円を1000ドルに変え、為替レートが変わったのでその1000ドルを円に両替します。

すると、10万円だったお金が10万5000円となり、5000円の利益をえることができます!

「為替レート」とは、両替の際ある国の通貨を異なった国の通貨にどれだけ変えられるかというように、両替の価格を決めるもので、為替レートは「外国為替市場(FX市場)」で決められます。

FXでは、この為替レートによって生じる価格差を利用し、外国為替取引(両替)を繰り返し行い、利益を獲得するのです!

証拠金取引とは?

「証拠金取引」とは、一定額の資金(証拠金)を取引業者に預け、証拠金を担保として取引を行うことです

この証拠金取引!実はとてもすぐれものなのです!

上図のように、まず証拠金として1万円を預けたとします。

すると、レバレッジ効果というものにより預けた金額の何倍もの額で取引ができるようになります。

日本のFX取引所のレバレッジは最大25倍なので、1万円で最大25万円の取引ができます!

また、海外の取引所だと最大888倍1万円で最大888万円の取引が可能です!!

しかし!!!

レバレッジがあるからと言って資金を大幅に上回る大きな取引は危険です!

証拠金よりも損失が大きくなってしまった場合、借金を背負うリスクもあることを頭に入れておきましょう。

こんな話をしてしまうと、FXやっぱりやめとこうか、、となる方も多いかと、、、

そんな方には、「XM」という海外の取引業者がオススメです。

この業者では、証拠金以上にお金を支払わないといけないという心配はありません!

証拠金より損失が大きくなる前に必ず強制的に決済されるので、損をしても自分が決めて預け入れた額のみですみます。

日本の業者でもこのようなシステムはあるのですが強制的に決済されない場合もあるので注意が必要です。

 

 

おすすめの取引所

海外の大手取引所「XM」

・日本人が利用する海外取引所の最大大手
・レバレッジ最大888倍
・金融ライセンス取得=安全
・口座開設で3000円のボーナス獲得
・初心者に嬉しいデモトレードも有り

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です