【mt4】インジケーターの種類~一目均衡表~

一目均衡表

Binance

FX取引では、チャート分析を行う際、インジケーターを使用しそれを目安に取引を行うことができます。

今回は、mt4に搭載されている「一目均衡表(Ichimoku Kinko Hyo)」について紹介します。

使いやすいインジケーターを見つけ、FX取引にぜひ活用してみましょう!

一目均衡表

一目均衡表

一目均衡表は、日本発のテクニカル指標で、世界中で愛用されているインジケーターの1つです。

一目均衡表は、3本の線と2本の線で構成される2つの雲から成り立っています。

①基準線(上図の紫色の線)

過去26日分のローソク足の高値と安値の中間値を表します。

②転換線(上図のピンク色の線)

過去9日分のローソク足の高値と安値の中間値を表します。

③遅行スパン(上図の白色の線)

終値を26日前にずらした線です。26日前の価格と比較することができます。

④先行スパン1(上図の青色の線)

当日の転換線と基準線の中間値を26日未来にずらしたものです。

⑤先行スパン2(上図の赤色の線)

過去25日分のローソク足の高値と安値の平均値を26日未来にずらしたものです。

⑥上昇雲(上図の青色の部分)

先行スパン1が先行スパン2を上抜けるとできる雲です。

⑦下降雲(上図の赤色の部分)

先行スパン1が先行スパン2を下抜けるとできる雲です。

<一目均衡表の見方>

買いトレンド

・ローソク足が雲を上抜けたとき。

・転換線が基準線を上抜けたとき。

・遅行スパンがローソク足を下から上に抜けたとき。

売りトレンド

・ローソク足が雲を下抜けたとき。

・転換線が基準線を下抜けたとき。

・遅行スパンがローソク足を上から下に抜けたとき。 

 

買いも売りも以上の3つのポイントが揃うと、最も強いトレンドとなります!

しかし、3つ揃うことはあまりないので、2つそろうと充分な相場の転換点になり得ます

 

一目均衡表は、初心者の方でも使いやすいインジケーターだといえるでしょう!

 

Binance

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です