【mt4】インジケーターの種類~Envelopes~

Envelopes

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FX取引では、チャート分析を行う際、インジケーターを使用しそれを目安に取引を行うことができます。

今回は、mt4に搭載されている「Envelopes(エンベロープ)」について紹介します。

使いやすいインジケーターを見つけ、FX取引にぜひ活用してみましょう!

メインウィンドウ~トレンド系~

Envelopes(エンベロープ)

<span

Envelopes(エンベロープ)は、「逆張り」によく利用されます。

「アッパーバンド」と「ロワーバンド」と呼ばれる2本の線が、一定間隔で推移し、帯を描いていきます。

その帯を利用し、上限・下限の反転の目安にするのです!

エンベロープの使い方

目安

・「逆張り」の方法

価格が「アッパーバンド」または「ロワーバンド」に到達した時に反転の可能性が高いとされています!

その到達値を目安に逆張りをしてみましょう。

・「順張り」の方法

エンベロープは、相場に強いトレンドがあると、それぞれのバンドに到達しても反転しない場合がいります!

そんなときは、バンドに沿って価格変動が起こるので、その場合は、順張りをしてみましょう。

 

使い慣れなれるまでは、バンドに沿って動くのか反転するのか見極めが難しいので、最初は他のインジケーターと組み合わせて使うほうがよいでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です