【mt4】インジケーターの種類~Standard Deviation~

標準偏差

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

FX取引では、チャート分析を行う際、インジケーターを使用しそれを目安に取引を行うことができます。

今回は、mt4に搭載されている「Standard Deviation(標準偏差)」について紹介します。

使いやすいインジケーターを見つけ、FX取引にぜひ活用してみましょう!

Standard Deviation

標準偏差

Standard Directionは、日本語で「標準偏差」という意味です。略してStdDevと表されることもあります。

移動平均線を中心として市場の価格変動を分析するインジケーターで、為替相場のボラティリティを知ることができます。

Standard Direction(標準偏差)は、ボリンジャーバンドなどの様々なインジケーターに応用されています。

<Standard Direction(標準偏差)の見方>

標準偏差の値が高い

→価格変動幅が大きい、相場が激しい。

標準偏差の値が低い

→価格変動幅か小さい、相場が緩やか。

 

標準偏差は、価格変動の激しさや大きさを単に表すものなので、トレードの参考に利用するのは難しいかもしれません。

他のインジケーターをメインにStandard Directionを補助的な役割で利用するのがよいでしょう。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です